2020年5月号

オンラインレビューシステムを健全に運用する方法

イェルプ、アマゾン、エアビーに学ぶ

ジェフ・ドネイカー

ジェフ・ドネイカー

元 イェルプ 最高執行責任者

元イェルプ最高執行責任者兼取締役。

キム・ヒョンジン

キム・ヒョンジン

ハーバード・ビジネス・スクール 博士課程

ハーバード・ビジネス・スクール博士課程に在籍中。

マイケル・ルカ

マイケル・ルカ

ハーバード・ビジネス・スクール 准教授

ハーバード・ビジネス・スクールのリー J. スタイスリンガー3世記念講座准教授(経営学を担当)。マックス H. ベイザーマンとの共著書にThe Power of Experiments: Decision Making in a Data-Driven World, The MIT Press, 2020.(未訳)がある。

他者の体験は製品やサービスの品質に関する重要な情報源となる。いまやオンラインレビューは消費者の選択における中心的な役割を担いつつある。ただし、企業にとって、そのプラットフォームを確立するのは簡単ではなく、また常にバイアスや不正などの要素を取り除いていく必要もある。レビューシステムの管理者が設計上の選択や、ユーザー体験を最も正確に反映させる方法について慎重に検討しなくてはならない。イェルプ、アマゾン、エアビーアンドビーなどを例に、レビューエコシステムを管理するうえでのポイントを示す。
PDF論文:10ページ[約1,456KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない