Muriel de Seze/Getty Images

子どもが生まれると生活は一変する。新しい小さな命が現れたことを喜ばしく思うと同時に、重大な責任を背負うことになる。子どものニーズを満たそうとするのは自然な行動だが、それと引き換えに自分自身の幸せや健康を後回しにしてしまうと、攻撃的になったり、育児放棄したりする状況を招きかねない。本稿では、子どもを健全に愛するためにセルフケアを実践する、5つのステップを紹介する。


 初めての子どもが生まれると、あなたは一変する。突然、人生は自分のことだけ、あるいは自分とパートナーとのことだけではなくなる。すべてにおいてあなたに100%依存する新しい小さな命が、この世界に現れたのである。

 この子が命をつなぎ、願わくは大きく花開くよう育てるという、喜ばしくも、時として、とてつもなく重大な責任が、いまやあなたの肩にかかっている。

 この人生の新しい段階では、関心が自分から子どもへと移り、しばしば自分のことを後回しにして、子どものニーズを満たそうとする。それは、親として自然で、正常で、健全なことだ。

 だが、子どもによかれとの思いから、子どものことに集中するあまり、自分自身が幸せで健康でいるために必要なものを完全に見失う親は少なくない。特に仕事を持っている場合は、その傾向が強い。

 こうしたセルフケアの不足は親のバーンアウトを引き起こし、逆に子どもに対して攻撃的になったり、育児放棄したりするなど、子育てが極度に悪化することがある。そして家庭でも、おそらくは職場でも、心ここにあらずの状態に陥ってしまう。

 子どもを健全に愛し、ケアするためには、自分自身を健全に愛し、ケアすることが必要だ。多くの親たちに時間管理をコーチした経験をもとに、あなたを正しい方向に導く、いくつかのステップを紹介したい。