Richard Drury/Getty Images

現代のリーダーは、ビジネス環境が高速かつ複雑に変化する中、的確な意思決定を下さなければならない。それは単に、伝統的なリーダーシップスタイルからの脱却という話ではない。指示と傾聴、権力保持と権限委譲など、通常は「緊張関係」にあるスタイルの両立が求められているのだ。本稿では、すべてのリーダーが向き合うべき7つの関係を紹介し、二刀流を実践するポイントを示す。


 近年、指揮命令型の古いリーダーシップは時代遅れで、新しいリーダーシップの時代になったと主張されることが多い。具体的には、リーダーは、メンバーに指図するのではなく、意見を尋ね、計画に固執するのではなく、新しい情報に応じて目標を調整すべきだとされる。また、直感ではなく、データに基づいて意思決定すべきだと言われる。

 以下では、古いタイプのリーダーシップを「伝統型」と呼び、新しいタイプのものを「新興型」と呼ぶことにしよう。難しいのは、企業幹部が今日のビジネス環境で成功しようと思えば、両方のスタイルに熟達しなくてはならない場合がほとんどだということだ。

 地位がもたらす権威に頼り切りのリーダーは、難しい状況に追い込まれる。ビジネスのあり方、テクノロジー、働き手の考え方が急速に変化し続ける時代に、このやり方は通用しない。しかしその半面、完璧を追求せず、話を聴くばかりで指示を発することがなく、権限を委譲するばかりでしっかり権力を握ろうとしないリーダーもうまくいかない。

 私たちは世界中の何百人ものリーダーへの質問表調査と聞き取り調査を通じて、2つのリーダーシップへのアプローチが衝突する重要な局面を、7つ明らかにした。これらの緊張関係はリーダーに大きなストレスを強いる。目の前の状況に対して、どのような能力、スキル、行動が求められるがわからない場合が多いからだ。

 本稿では7つの緊張関係を紹介し、それを無視することの危うさと、2つのアプローチのバランスを取るための方法論を提案したい。