●将来のキャリアに対して、あなたはいまどんな位置にいるか?

 先の2つの質問では、現在の雇用者と仕事のリスクやマイナス面に焦点を当てたが、この最後の質問によって、バランスシートのもう片方の側から、あなたの状況を見つめ直すことができる。それはすなわち、あなたの個人的なキャリア資産を見直すことだ。

 以下の事項は、あなたに当てはまるだろうか。

・社内でも、社外の同業者の間でも、あなたの評判がよい。

・周囲から支援やアドバイスを求められ、あなたもそれに応えるようにしている。

・自分が次に何を習得したいかがわかっており、昨年、キャリアを強化し知識を広げるために、自分のお金を投資した。

・自分の専門分野で、現在、どんな話題が注目を浴びているかを知っている。

・自分の専門分野で、何が次の技術的な課題なのかをわかっている。

・仕事で助けや支援を求めることのできる人の連絡先をいくつか持っている。

・いろいろな形で、自分の時間を自発的に提供している。

 以上の7つの事項のうち、5つか6つに「イエス」と言えるなら、心配はいらない。あなたはこのまま、自分のキャリアを進めていけるだろう。個人的なキャリア資産によって、現在の仕事や雇用者のマイナス面を相殺することができる。

 このリストでの得点が芳しくなかった人でも、状況を変えるのは難しくはない。まずは7つの事項を実践してほしい。同僚、地域社会、職業、職業的ネットワークに対して貢献することから始めよう。それにともなって、評判は広まっていく。

 もしあなたが仕事を辞めることを考えているなら、いますぐ以下の3つの観点から分析してみよう。

 あなたの懸念の原因は、あなたが勤めている会社にあるのだろうか。もしそうなら、別の会社で同じような職を探そう。

 それとも問題は職にあるのか。もしそうなら、辞めると決める前に、社内での異動を検討すべきだ。

 最後に、あなたは次に進む備えができているだろうか。キャリアを未来への軌道に乗せるため、個人的なキャリア資産を形成することが大切だ。


HBR.org原文:Don't Quit Your Job Before Asking Yourself These Questions, February 20, 2020.


■こちらの記事もおすすめします
昇進が叶わなかったら自問すべき7つの質問
意義ある仕事に就けるなら9割が給料減を受け入れる
従業員に「辞めたい」と思わせるリーダーの8つの行動
社員が辞める本当の理由を、あなたは知っていますか?