2006年8月号

R&Dに「破壊的イノベーション」理論を応用する

成功確率を高めるために

スコット・D・アンソニー

スコット・D・アンソニー

イノサイト マネージング・ディレクター

マット・アイリング

マット・アイリング

イノサイト・キャピタル マネージング・ディレクター

リブ・ギブソン

リブ・ギブソン

ベル・カナダ・エンタープライズ コーポレート・アドバイザー

イノベーションの成否を予測することはできない――。ほとんどのビジネス・リーダーがそう考えている。しかし、クレイトン・クリステンセンが唱えた「破壊的イノベーション」という考え方を応用すると、イノベーションの成功確率を高めることができる。本稿では、その具体的方法を解説する。

スコット・D・アンソニーイノサイト マネージング・ディレクター

マット・アイリングイノサイト・キャピタル マネージング・ディレクター

リブ・ギブソンベル・カナダ・エンタープライズ コーポレート・アドバイザー

PDF論文:14ページ[約2,140KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない