2006年8月号

P&G:コネクト・アンド・ディベロップ戦略

イノベーションに外部性を働かせる

ラリー・ヒューストン

ラリー・ヒューストン

プロクター・アンド・ギャンブル バイス・プレジデント

ナビル・サッカブ

ナビル・サッカブ

プロクター・アンド・ギャンブル シニア・バイス・プレジデント

自社開発に固執したイノベーション体制では、まず「持続的かつ安定的な売上げ増」は実現しえない。プロクター・アンド・ギャンブルでは、「コネクト・アンド・ディベロップ」と呼ばれるオープン・イノベーションが奏功し、R&D効率を大きく向上させ、全社のイノベーションの三五%超を生み出している。この戦略モデルとその仕組みについて、推進担当者みずからが語る。

ラリー・ヒューストンプロクター・アンド・ギャンブル バイス・プレジデント

ナビル・サッカブプロクター・アンド・ギャンブル シニア・バイス・プレジデント

PDF論文:13ページ[約1,985KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない