2006年9月号

成長プラットフォーム戦略

高成長率を持続する仕組みをつくる

ドナルド・L・ローリー

ドナルド・L・ローリー

オイスター・インターナショナル マネージング・パートナー

イブ・L・ドーズ

イブ・L・ドーズ

INSEAD 教授

クロード・P・シアー

クロード・P・シアー

オイスター・インターナショナル マネージング・パートナー

「フォーチュン五〇」について調べてみると、ランク・イン後に、何とその九三%の企業が業績を落としている。優良企業といえども、高業績を維持するのはこれほどまでに難しい。しかし、高い成長を持続している企業が少ないながらも存在している。これらの企業は総じて「プラットフォーム志向」である。すなわち、新しい製品やサービス、ビジネスが連鎖的に生まれてくる成長プラットフォームを構築することに心血を注いでいるのだ。UPS、P&G、メドトロニック、インバネスの取り組みを紹介しながら、新しい成長プラットフォームを構築する方法を探る。

ドナルド・L・ローリーオイスター・インターナショナル マネージング・パートナー

イブ・L・ドーズINSEAD 教授

クロード・P・シアーオイスター・インターナショナル マネージング・パートナー

PDF論文:13ページ[約963KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない