UpperCut Images/Getty Images

社会の不平等の解消を目指す人たちが、差別の歴史を語ることは多い。過去の不正義に対する理解が深まれば、現在の行動を改善する動機が生まれる。そう考えられているが、実際には逆効果の可能性がある。自分の「社会的アイデンティティ」を守りたいがために、批判の声を矮小化したり、聞こえないふりをしたりするのだ。筆者らが女性差別の解消をテーマに行った実験により、その傾向が明らかになった。


社会の不平等をめぐる議論で、過去の差別に言及されることがしばしばある。

 性的暴行やセクシュアル・ハラスメントの告発が相次ぎ、性的加害の糾弾や撲滅を目指す#MeToo運動や#TimesUp運動が盛り上がったことは、女性への差別や虐待が横行してきた長い歴史に改めて光を当てた。また、米国社会における人種差別の議論は、奴隷制と制度的差別の歴史と切り離して論じることはできない。

 過去の不正義を強調することで問題への理解が深まれば、いま適切な行動を取り、対策を実行する後押しになると、一般に考えられている。しかし、過去の恥ずべき不平等の歴史を指摘した結果、思いがけない悪影響が発生する場合もあるらしい。

 私たちの研究では、職場でのジェンダー差別を是正するためのプログラムに、幅広い支持を集める方法を明らかにしたいと考えている。