2006年9月号

COOの真実

ナンバー・ツーの実態を解剖する

ネイサン・ベネット

ネイサン・ベネット

ジョージア工科大学ビジネススクール 副学長兼教授

スティーブン・A・マイルズ

スティーブン・A・マイルズ

ハイドリック・アンド・ストラグルス パートナー

最高執行責任者といわれるが、COOの仕事は謎に包まれている。CEOやCFOなどの仕事はおおむね想像がつくが、CEOの補佐役といわれても、その具体的な仕事内容は見えてこない。COOの実態に迫るべく、筆者らが実地調査をしたところ、COOに求められる役割はその企業によってまちまちであり、したがってその仕事もばらばらであることが判明した。その一方、COOには七つのパターンがあり、そこには共通する成功要件が存在することも明らかになった。

ネイサン・ベネットジョージア工科大学ビジネススクール 副学長兼教授

スティーブン・A・マイルズハイドリック・アンド・ストラグルス パートナー

PDF論文:12ページ[約1,541KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない