2006年9月号

ロイヤルティ・プログラムを見直す法

ポイント制度で失敗しないために

ジョセフ・C・ヌーンズ

ジョセフ・C・ヌーンズ

南カリフォルニア大学 マーシャル・スクール・オブ・ビジネス 准教授

ザビエール・ドレズ

ザビエール・ドレズ

ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 助教授

ロイヤルティ・プログラムが、実際に、その目的を達成している例はごく一部にすぎない。多くはその使命を果たせていないどころか、隠れた負債として企業収益を脅かす。こうしたプログラムをうまく機能させ、さまざまなメリットを享受するには、プログラムの設計に慎重に取り組む必要がある。

ジョセフ・C・ヌーンズ南カリフォルニア大学 マーシャル・スクール・オブ・ビジネス 准教授

ザビエール・ドレズペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 助教授

PDF論文:14ページ[約1,447KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない