2020年4月号

ベンチャーキャピタルが女性の進出に果たす役割

起業家と投資家をともに増やす

レベッカ・カデン :ユニオンスクエア・ベンチャーズ マネージングパートナー

レベッカ・カデン

ユニオンスクエア・ベンチャーズ マネージングパートナー

ニューヨークを基盤とするテーマ主導型ベンチャーキャピタル、ユニオンスクエア・ベンチャーズのマネージングパートナー。

世界経済フォーラムによると、現在の状況から考えて、米国における男女平等が達成されるのは208年も先だという。ベンチャーキャピタリストである筆者は、非線形の成長を目標とするベンチャーキャピタルならば、平等の歩みを加速できるだろうと考えている。そのためには現状のデータの公開、女性の成功モデルの宣伝、コミュニティづくり、さらには業界の改革という4点に、投資を振り向けるべきだと論じる。
PDF論文:6ページ[約1,497KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない