2006年9月号

「鬼上司」の復権

EQだけでは魅力あるリーダーにはなれない

ロデリック・M・クラマー :スタンフォード大学経営大学院 教授

ロデリック・M・クラマー

スタンフォード大学経営大学院 教授

HPのカーリー・フィオリーナ、アップルコンピュータのスティーブ・ジョブズ、ミラマックスのハーベイ・ワインスタイン、それにディズニーのマイケル・アイズナー――。これらリーダーたちに共通するのは「鬼上司」であることだ。いまやリーダーの資質といえば、EQなど人間関係に焦点が当てられ、わがままで、怒り、どなり、駆け引き好きで気難しい鬼上司は評価されない。しかし、鬼上司を調査するにつれて、彼ら彼女らは高い成果を上げ、直属の部下や関係者からは尊敬され、優秀な人材を周囲に集めることがわかった。そして、多くの悩めるリーダーたちも、偉大なる鬼上司の資質にあこがれている。

ロデリック・M・クラマースタンフォード大学経営大学院 教授

PDF論文:16ページ[約2,297KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない