Michael Blann/Getty Images

日々の仕事に追われていると、自分の強みを見失いがちになる。そんなとき、他人から建設的なフィードバックを受けることは有効だ。自分がこれまで、どんな場面で、どのように貢献できたかという成功のストーリーを認識する機会となり、「最高の自分」を発揮するための条件を知ることができる。本稿では、日常的にそれを実践するための5つのアプローチを示す。


 2005年、私たちは数人の研究者と『ハーバード・ビジネス・レビュー』に論文を発表し、個人としても仕事でも成長するための新しいアプローチを提案した。すなわち、肯定されることが、人間の成長にとって大きな力となるのだ。

 特に、自分が最も能力を発揮できる状況を描写するストーリーは、効果的なツールとなる。そこで私たちは、自分の才能を理解して活かすための「RBSE(the Reflected Best Self Exercise:最高の自分を発揮するためのエクササイズ)」を紹介した。いまでは世界中で多くの人が、企業研修やチームビルディング、エグゼクティブのリーダーシップ養成などでRBSEを実施して、さまざまな分野の学部や大学院の講義でも使われている。

 RBSEの考え方にもとづく一連の研究から、自分の強みや貢献に関する建設的なフィードバックが、大きな恩恵をもたらすことがわかっている。健全な感情を育み、個人の主体性と対応能力を築き、同僚や友人、家族との関係の質を高める。さらに、新規採用者の研修で「最高の自分」に関する知識を共有することによって、仕事の満足度を高め、離職率を抑えることにもつながる。

 実際にRBSEを経験すれば、頻繁ではなくても、建設的なフィードバックを集中的に得ることができる。しかし、最高の自分について学び、それを発揮する体系的な手法は他にもある。より継続的なアプローチを通じて、日々の仕事に追われて見失いがちな自分の強みを伸ばす機会を見つけ、仕事のやり方を工夫する新しい視点に気づき、あるいは念願の職業に向けて新しい一歩を踏み出すきっかけになるだろう。

 最高の自分をさらに高める日常的な機会を活用するために、5つの実用的なアプローチを説明する。