2020年3月号

目先の数字にとらわれて目標を見失っていないか

ウェルズ・ファーゴの失敗に学ぶ

マイケル・ハリス

マイケル・ハリス

ノースカロライナ大学 ケナン・フラグラー・ビジネススクール 博士課程

ノースカロライナ大学ケナン・フラグラー・ビジネススクールの博士課程に在籍。

ビル・テイラー

ビル・テイラー

ブリガム・ヤング大学 マリオットスクール・オブ・ビジネス 教授

ブリガム・ヤング大学マリオットスクール・オブ・ビジネスのロバート J. スミス講座教授。

戦略は一般に抽象的なものだが、業績指標で表すとつかみやすくなる。だから、多くの企業で、戦略を指標に関連付けて、目標を達成しようとしてきた。しかし、この方法には罠が潜んでいる。戦略の表現であるはずの業績指標ばかりを重視してしまいがちになるのだ。根底には、人間の意識下の偏向がある。本稿では、大手金融機関ウェルズ・ファーゴの失敗に着目して、この過ちを防ぐ3つの方法を示していく。

マイケル・ハリスノースカロライナ大学 ケナン・フラグラー・ビジネススクール 博士課程

ビル・テイラーブリガム・ヤング大学 マリオットスクール・オブ・ビジネス 教授

PDF論文:9ページ[約1,711KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない