MissTuni/Getty Images

あなたは毎日、集中して仕事ができているだろうか。大量に届くメールを処理したり、上司や同僚からの呼びかけに反応したりしているうちに、気づけば1日が終わっている。ある調査によると、あなたの集中を妨げる作業の80%は重要ではないという。本稿では、職場で気が散るのを防ぎ、最高のパフォーマンスを上げるうえで有効な10のヒントを紹介する。


 プッシュ通知やメール、メッセージが飛び交い、オフィス空間が縮小しつつある現在、職場ではますます気が散りやすくなっている。平均的なオフィスワーカーは1日50~60回、何かで作業を中断させられ、そのうち約80%は重要ではないことだ。

 その結果、心理学でいう「フロー状態」になる時間がほとんどなくなっている。マッキンゼーの調査によれば、フロー状態では生産性が最高5倍にもなるのだが。

 頻繁に気が散っていると、生産性が低下するだけではなく、ストレスも強くなる。アメリカン・インスティテュート・オブ・ストレスの研究によれば、職場のストレスの主な原因は、自分の仕事をコントロールできないことだという。

 では、どうすれば職場で気が散るのを防げるのだろうか。どうすれば自分のスケジュールを自分でコントロールし、最高のパフォーマンスを上げ、精神的健康を向上させることができるだろうか。