2006年10月号

営業とマーケティングの壁を壊す

連携の密度が業績に直結する

フィリップ・コトラー

フィリップ・コトラー

ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

ニール・ラッカム

ニール・ラッカム

ポーツマス大学 客員教授

スジ・クリシュナスワミ

スジ・クリシュナスワミ

ストラテジック・インサイツ 創業者兼社長

営業とマーケティングは、昔から仲が悪い。しかし、販売効率、収益性の向上には両者の連携、ひいては一体化が求められる。とはいえ、そもそも利害も文化も異なるため、なかなか一筋縄にいかない。本稿では、両部門の有機的なコラボレーションを実現させるフレームワークとそのポイントについて体系的に解説する。

フィリップ・コトラーノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

ニール・ラッカムポーツマス大学 客員教授

スジ・クリシュナスワミストラテジック・インサイツ 創業者兼社長

PDF論文:13ページ[約2,001KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない