性差別が横行する職場

 男性リーダーや男性社員に支配され、男性のやり方、価値観、期待に沿って物事が運ばれる職場には、性差別がある。そのような職場では――無意識、暗黙のものであれ――2つの強力なバイアスが女性同士の敵対関係につながる可能性がある。その2つとは、親近感バイアスとジェンダーバイアスである。

 親近感バイアスとは、自分に似た人に肩入れするという、生まれ持った本能的な性向のことをいう。この親近感バイアスがあるために、男性上司の多くは、気心の知れた同性の部下を優先したあとにのみ、女性部下にキャリアアップにつながる仕事を与え、重要なチームのメンバーに任命し、自分のネットワークに加えてもよいと考える。

 ジェンダーバイアスとは、女性よりも男性のほうがリーダーシップや大仕事、難しい交渉などに向いているという思い込みだ。ジェンダーバイアスがあるために、女性は能力、野心、競争心において男性に劣ると見られている。

 親近感バイアスとジェンダーバイアスは対になって、職場における女性同士の人間関係を難しいものにしている。なぜなら、バイアスによって女性リーダーの職は限られ、女性はその椅子をめぐる直接対決を強いられるからだ。

 さらに女性には、男社会の一員として、他の女性と距離を置き、一線を画し、まさに男性と同じマネジメントスタイルを取るように、露骨なまでに大きな圧力がかかる。こうしたダイナミクスによって生じることのある同性間の敵対心は、職場環境ではなく女性特有の問題であると、誤って解釈されている。

職場の期待

 女性は(男性も)、女性なら(男性なら)こう振る舞うべきだというジェンダーステレオタイプを持っている。

 たとえば女性は、同僚の女性が(男性と違って)自分の悩みに興味を持ち、自分の幸福や体調を心配し、自分の望みを応援し、女性特有の欲求、願望、困難によく気づき、気遣うことを期待する。言い換えれば、女性は同じ女性のほうが「男性よりも理解があり、人を育てようとし、献身的で寛大」だろうと思っている。その期待が外れると、敵対的な態度に出る場合がある。

 しかし上に立つ者は、女性でも(男性でも)、はっきりと物を言い、毅然とした姿勢を保ち、ビジネスライクに振る舞い、相手の性別によって態度を変えないことが求められる。そのため女性幹部は、職場の期待と女性社員の期待の板挟みに遭い、「冷たい」「自分本位」「敵意がある」と非難されるが、男性がまったく同じように振る舞っても、それが彼の仕事だと納得されるだけなのだ。

 もちろん女性の中にも、もともと敵対心が強かったり、つっけんどんで厭味な態度を取ったりする人もいるが、そのような人が男性より女性に多いという事実はない。当然、女性全体にそのレッテルを貼れるほど、職場に大勢の「ミーン・ガールズ(意地悪な女子たち)」(訳注:米国のミュージカルの題名)がいるということはない。

男性と女性に違いはない

 冒頭で述べたように、本能的に同性を敵対視するという歪曲した女性像を否定する理由が、もう一つある。それは、男女の間に生物学上以外の大きな性差が存在しないことである。実際に小さな違いしか存在せず、気性、能力、行動の違いは、男性(全般)と女性(全般)の間よりも、女性同士の間のほうが大きい。

 職場における女性と男性の振る舞い方が異なるとしたら、それは心理学的特質の差ではなく、偏った慣習や手順によって、両者の職場体験に本質的な違いが生じることによる。たしかに女性と男性は、職場で違う考え方や振る舞い方をし、人との接し方も異なる。それは、与えられる仕事、与えられる状況、パフォーマンスに対する上司の期待が異なるからだ。

 女性が本能的に同性を敵対視し、いじめ、裏切るというイメージは、すべて女性が職場で直面するステレオタイプやバイアスに関係し、実際の女性心理とは無関係である。女性同士の対立を生み出し、キャリアを追求したい女性が必然的に不利な扱いを受けるような職場体制を変えていってはどうだろう。


HBR.org原文:The Persistent Myth of Female Office Rivalries, December 02, 2019.

■こちらの記事もおすすめします
子育て経験のある上司とない上司、どちらが育児の苦労に共感してくれるか?
「男性性を競う文化」が組織に機能不全を招く

 

アンドレア S. クラマー(Andrea S. Kramer)
国際法律事務所のパートナー弁護士。30年以上にわたり職場におけるジェンダー平等の促進に取り組む。夫アルトン B. ハリスとの共著に、It's Not You, It's the WorkplaceBreaking Through Bias(いずれも未訳)がある。

アルトン B. ハリス(Alton B. Harris)
30年以上のキャリアを持つ弁護士。職場におけるジェンダー平等の促進に取り組む。妻アンドレア S. クラマーとの共著に、It's Not You, It's the WorkplaceBreaking Through Bias(いずれも未訳)がある。