2006年10月号

営業学習曲線のマネジメント

組織学習を加速させる

マーク・レスリー

マーク・レスリー

レスリー・ベンチャーズ マネージング・ディレクター スタンフォード大学経営大学院・工学大学院 講師

チャールズ・A・ホロウェイ

チャールズ・A・ホロウェイ

スタンフォード大学経営大学院 名誉教授

新製品の発売には、予想を上回る時間とコストがかかり、有力な製品であっても展開途中で打ち切られるケースが多い。新製品を実際に顧客がどのように入手し、どのように使用するのか、営業、マーケティング、製造の全部門が学習し、修正する必要がある。こうした組織としての学習プロセスが「営業学習曲線」である。新製品を成功に導くには、営業学習曲線を通して始動段階、移行段階、実行段階の各段階に応じた戦略を実践すべきだ。

マーク・レスリーレスリー・ベンチャーズ マネージング・ディレクター スタンフォード大学経営大学院・工学大学院 講師

チャールズ・A・ホロウェイスタンフォード大学経営大学院 名誉教授

PDF論文:12ページ[約1,606KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない