2019.12.30

制約があると創造性やイノベーションが促進される

マネジャーは何を制限すればよいのか

オウズ A. アジャル

オウズ A. アジャル

ロンドン大学シティ校キャス・ビジネススクール准教授(上級講師)

英国ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツの研究員でもある。ツイッターは@oguzaliacar

ムラート・タラクジェ

ムラート・タラクジェ

エラスムス・ロッテルダム大学経営大学院准教授

イノベーション・マネジメント論を担当。イノベーション遂行能力が高い組織のつくり方が研究テーマ。マネジャーが新しい戦略上の取り組みに乗り出そうと考える動機と、マネジャーの力とリーダーシップが新しいアイデアの創出に及ぼす影響について、掘り下げて研究している。企業幹部たちに対して、デジタルトランスフォーメーション、戦略実行、イノベーションに関して教えたり、助言したりしている。

ダーン・ファン・ニッペンベルグ

ダーン・ファン・ニッペンベルグ

ドレクセル大学ルボウ・カレッジ・オブ・ビジネス、ジョセフ F. ロセリト記念講座教授

リーダーシップ論を担当。同校で「戦略リーダーシップ研究所」のアカデミックディレクターも務める。専門は、リーダーシップ、チームパフォーマンス、創造性とイノベーションなど。精力的に研究を行うほか、組織の現状を診断して戦略実行を支援する活動にも携わっている。教育活動では、エグゼクティブMBAプログラム、およびエグゼクティブ教育におけるリーダー育成、博士課程およびDBA(経営管理博士)プログラムでの研究者育成に力を入れている。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

DHBR2020年11月号『ワーク・フロム・ホームの生産性』発売!
定期購読のご案内
EIシリーズ最新刊『自信』
新型コロナウイルスの危機をどう乗り越えるか
デジタル時代のHR戦略
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2020年11月号

特集:ワーク・フロム・ホームの生産性

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない