2020年2月号

デュアルキャリア・カップルが幸せになる法

誰もが迎える転機にどう向き合うか

ジェニファー・ペトリグリエリ

ジェニファー・ペトリグリエリ

INSEAD 准教授

専門は組織行動論。著書に Couples That Work: How Dual-Career Couples Can Thrive in Love and Work, Harvard Business Review Press, 2019.(未訳)。INSEADでは、「マネジメント・アクセレレーション・プログラム」「ウイメン・リーダーズ・プログラム」「ジェンダー・ダイバーシティ・プログラム」の指揮を執る。

テイマー・デーン・ドーナー

テイマー・デーン・ドーナー

ベイン・アンド・カンパニー マネージングパートナー

ダン・クロックマルニック

ダン・クロックマルニック

ボストン・グローブ・メディア・パートナーズ 最高法務責任者

夫婦ともに高学歴で、専門職か管理職というタフな仕事に就き、上昇志向が強い、キャリア志向の「デュアルキャリア・カップル」が増えている。彼らに先達のモデルはなく、2人で力を合わせて、家庭と仕事の両面でうまくいく生き方を見出していく必要がある。そこで、こうしたカップル113組を6年間かけて調査し、それぞれが課題をいかに克服したかを明らかにした。その共通項、すなわち人生における3つの転換点を乗り越える方法を提示する。

ジェニファー・ペトリグリエリINSEAD 准教授

テイマー・デーン・ドーナーベイン・アンド・カンパニー マネージングパートナー

ダン・クロックマルニックボストン・グローブ・メディア・パートナーズ 最高法務責任者

PDF論文:18ページ[約2,725KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない