2020年2月号

シャドーラーニング:知能機械(インテリジェントマシン)を使いこなすための学習法

医師、警察官、アナリストなどが実践する

マット・ビーン :カリフォルニア大学 サンタバーバラ校 助教授

マット・ビーン

カリフォルニア大学 サンタバーバラ校 助教授

カリフォルニア大学サンタバーバラ校の助教授で、専門はテクノロジーマネジメント。マサチューセッツ工科大学(MIT)デジタル経済イニシアティブ(IDE)の研究会員も務める。

生産性の向上を目的にしたインテリジェントマシン(知能機械)が、人間と業務をともにしつつある。これまで、業務の熟練度を高めるには、経験者に学ぶという伝統的な手法が主だった。しかし、今後は従来スキルに加え、マシンを利用した新たなスキルを高めることも同時に求められる。新旧の業務スキルを並行して高めるために、組織として注目すべきなのが「シャドーラーニング」の実践者だ。彼らは組織内でいかに志向し、行動しているのか。そして、組織は彼らのノウハウをどのように取り込むべきか。いくつかの具体例から学ぶ。
PDF論文:12ページ[約1,230KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない