2020年2月号

倫理的な組織をどうデザインするか

採用から評価、報酬制度まで

ニコラス・エプリー

ニコラス・エプリー

シカゴ大学 ブーススクール・オブ・ビジネス 教授

行動科学を教える。著書としてMindwise: How We Understand What Others Think, Believe, Feel, and Want, Knopf, 2014.(未訳)がある。

アミット・クマール

アミット・クマール

テキサス大学 オースティン校 助教授

マーケティングと心理学を教える。

企業の不祥事が絶えない。大半の企業に防止プログラムがあるのに、不祥事が続くのは、改善すべき点があるということだ。行動科学によれば、善意の人でさえ、倫理については他人の影響を受けやすいことがわかっている。したがって倫理は、単に信念の問題ではなく、組織デザインの観点から考えることが必要だ。筆者らは、倫理的文化をデザインするうえで押さえるべき4つの特徴を見出した。

ニコラス・エプリーシカゴ大学 ブーススクール・オブ・ビジネス 教授

アミット・クマールテキサス大学 オースティン校 助教授

PDF論文:9ページ[約1,959KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない