2006年10月号

営業力の復活から改革は始まる

CEOみずから現場に足を運ぶ

フレッド・ハッサン :シェリング・プラウ 会長兼CEO

フレッド・ハッサン

シェリング・プラウ 会長兼CEO

製薬会社シェリング・プラウの再建に乗り出したフレッド・ハッサンは、売上げの回復から改革の口火を切った。売上げの回復が、他のプロジェクトの資金やリード・タイムを確保し企業価値の長期的な向上に貢献するというのが、彼の信条であるからだ。そのためには、営業力を高めることが必須である。再建中の営業組織は、企業の内部や顧客、取引先から寄せられる風評で士気が低下し、合わせて成績向上の糸口もつかめない。これを改善するには、トップ・マネジメントのコミットメントが不可欠だ。

フレッド・ハッサンシェリング・プラウ 会長兼CEO

PDF論文:10ページ[約1,732KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない