2020年1月号

コネクテッド戦略:顧客と深く、長くつながる

常時接続時代に求められる

ニコライ・シゲルコ

ニコライ・シゲルコ

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

経営・戦略を担当。マック・イノベーション・マネジメント研究所の共同ディレクター。

クリスチャン・テルビーシュ

クリスチャン・テルビーシュ

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

オペレーションおよびイノベーションを担当。マック・イノベーション・マネジメント研究所の共同ディレクター。

デジタルテクノロジーが世に浸透するにつれ、ますます企業は顧客と深くつながることができるようになっている。そこで本稿では、この環境下で、顧客体験を飛躍的に向上させ、業務効率を高め、コストを下げることができる「コネクテッド戦略」を提唱したい。それは、「願望への対応」「お薦めサービス」「コーチング機能」「自動的なサービス提供」の4つの戦略である。重要なことは、革新的なテクノロジーをどのように使って、顧客と継続的な関係を築くか、ということである。
PDF論文:12ページ[約3,918KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない