2020年1月号

顧客とつながり続ける時代に持続的成長を実現する

「カスタマーサクセス」がカギを握る

福田 康隆 : 元 マルケト 代表取締役社長

福田 康隆

元 マルケト 代表取締役社長

1972年生まれ。早稲田大学卒業後、日本オラクルに入社し、セールスコンサルタントとして勤務。2001年に米オラクル本社に出向。2004年米セールスフォース・ドットコムに転職。翌年、同社日本法人に移り、以後9年間にわたり、日本市場における成長を牽引する。専務執行役員兼シニアバイスプレジデントを務めた後、2014年、マルケト入社と同時に代表取締役社長に就任し、2017年10月同社 代表取締役社長・アジア太平洋日本地域担当プレジデントに就任。マルケトがアドビシステムズに買収されたことで、2019年3月よりアドビシステムズ専務執行役員・マルケト事業統括に就任。現在は、アレン・マイナー氏が会長を務めるJAPAN CLOUDのアドバイザー。ハーバード・ビジネススクールGeneral Man-agement Program修了。著書に『THE MODEL』(翔泳社、2019年)。

サブスクリプションサービスが国内を席巻している。自動車から家電やファッション、居酒屋までさまざまだ。だが、そのビジネスの本質に気づいている企業はまだ少ない。なぜなら、顧客と企業の関係において、いま起きている大きな変化を見過ごしているからだ。それは、売って終わりの売り切り型のビジネスモデルから、顧客とつながり続けるモデルへの転換を指す。SaaS時代の黎明期から、顧客と長期の関係性を築き、事業拡大を果たしてきた筆者が、これからの時代に必要な顧客体験とその組織のあり方について、「カスタマーサクセス」をキーワードに解き明かす。

福田 康隆 元 マルケト 代表取締役社長

PDF論文:14ページ[約1,135KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない