2020年1月号

会社の機動力を高めるニンブル・リーダーシップ

革新を続ける伝統企業に共通する3つのパターン

デボラ・アンコーナ

デボラ・アンコーナ

マサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント 教授

マサチューセッツ工科大学(MIT)スローンスクール・オブ・マネジメントのシーリー記念講座経営学特別教授。MITリーダーシップセンター創設者。

エレイン・バックマン

エレイン・バックマン

MITリーダーシップセンター リサーチアフィリエイト

ケイト・アイザックス

ケイト・アイザックス

MITリーダーシップセンター リサーチアフィリエイト

ダイアロゴス・ジェネレイティブ・キャピタルのパートナー。

指揮管理型のリーダーシップの限界がささやかれているが、決定的な代替案はまだ現れていない。そのヒントを探るべく、環境変化に何度も適応して革新を続けている、歴史の長い企業を調査したところ、共通する3つのリーダーシップパターンが見られた。これらを文化規範で支え、自己強化型のシステムとして機能させることで、ニンブルな(機動力の高い)組織をつくり上げることが可能となる。

デボラ・アンコーナマサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント 教授

エレイン・バックマンMITリーダーシップセンター リサーチアフィリエイト

ケイト・アイザックスMITリーダーシップセンター リサーチアフィリエイト

PDF論文:13ページ[約1,599KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない