2006年11月号

マネジメント理論の三〇年史

HBR論文から読み解く

森本 博行

森本 博行

首都大学東京 大学院社会科学研究科 教授

岩崎 卓也

岩崎 卓也

『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』 編集長

一九五〇年代は「アメリカの時代」と呼ばれ、何もかもが企業経営者たちの思いどおりに運んだ。しかし、ドラッカーが「断絶の時代」と称したように、六〇年代以降は、内海から大海に乗り出した船のように、企業経営の舵取りにはまったく別次元のレベルが求められるようになる。これを契機に、さまざまな経営コンセプトやアイデアが開発され、マネジメントは試行錯誤を経ながら、まさしく進化していった。本稿では、六〇年代以降に寄稿されたHBR論文を振り返りながら、経営戦略の再発見を試みる。

森本 博行首都大学東京 大学院社会科学研究科 教授

岩崎 卓也『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』 編集長

PDF論文:23ページ[約2,551KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない