2020年1月号

CEOのライフサイクル

S&P500企業747人の就任から退任までを詳細調査

ジェームズ M. シトリン

ジェームズ M. シトリン

スペンサースチュアート コンサルタント

同社の北米でのCEOプラクティスを指揮し、同社のボードプラクティスの中心メンバーである。

クラディウス A. ヒルデブランド

クラディウス A. ヒルデブランド

スペンサースチュアート シニアアソシエート

同社のリーダーシップ・アドバイザリー・サービシーズ・アンドCEOプラクティスのメンバー。

ロバート J. スターク

ロバート J. スターク

スペンサースチュアート コンサルタント

同社の北米におけるCEO後継者育成アドバイザリー・サービシーズの共同代表を務める。

CEOの業績の長期的な傾向について、これまでデータはほとんど存在せず、CEOたちに理想的な在任期間を尋ねても、経験則からの答えしか返ってこない。筆者たちはCEOの在任期間中、価値創造がどのように変化するのかを理解するため、「CEOライフサイクル」というプロジェクトを立ち上げ、S&P500企業の747人のCEOの在任期間の財務データを分析、さらに詳細なインタビューを実施した。そこでわかったのは、さまざまな環境の違いはあれど、在任期間中のパフォーマンスには意外なパターンが存在することだった。CEOの就任から退任までの「ライフサイクル」を明らかにする。
PDF論文:9ページ[約832KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない