2006年12月号

アバター・マーケティング

消費者の隠された顔は仮想世界で表出する

ポール・ヘンプ :HBR シニア・エディター

ポール・ヘンプ

HBR シニア・エディター

企業は莫大な費用をかけて潜在的顧客をセグメンテーションし、彼らにリーチし、購買行動に影響を与えようと試みている。しかし、今後は彼らがオンラインで見せるもう一つの顔である「アバター」をマーケティングの対象にすることも検討すべきである。バーチャル・ワールドに暮らすアバターたちは、バーチャル・ショップで洋服を選び、居住空間を家具や小物で飾り、みずからイベントを主催したりもする。そこでは住民同士の商取引が行われ、土地の売買も行われている。アバターの行動を分析すれば、リアル・ワールドにいる作成者の嗜好を探ることも可能だ。この未踏のマーケティング領域の潜在的な可能性を先行事例から探る。

ポール・ヘンプHBR シニア・エディター

PDF論文:14ページ[約2,012KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない