2006年12月号

メンタル・ヘルスが組織の生産性をレバレッジする

【名著論文再掲】 企業が社員の精神疾患に責任を負う時代

スティーブン・E・ハイマン :ハーバード大学 プロボスト

スティーブン・E・ハイマン

ハーバード大学 プロボスト

本稿は、アメリカの精神医学界の最高権威が、二〇〇一年同時テロの直後、人々の精神の危機へいかに対処すべきかをアドバイスするものである。世界的なテロの危険性はいまだ去ってはいない。ましてや、ストレスやそううつといった精神疾患は、古くて新しい企業課題である。「ストレスがたまるのはみんな一緒」「うつや心配性は精神的な弱さにすぎない」と軽視されることも多いが、組織の生産性について考えるリーダーならば、メンタル・ヘルスについて一考する必要があるだろう。

スティーブン・E・ハイマンハーバード大学 プロボスト

PDF論文:10ページ[約1,659KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない