2006年12月号

なぜ中年社員を再活性化できないのか

高齢社会に不可避の課題

ロバート・モリソン

ロバート・モリソン

コンコース・グループ エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼研究担当ディレクター

タマラ・エリクソン

タマラ・エリクソン

コンコース・グループ 執行役員 兼コンコース・インスティテュート 校長

ケン・ディヒトバルト

ケン・ディヒトバルト

エージ・ウェーブ 創立者兼社長兼CEO

生産性のピークにある中堅社員たちは、先行きへの不確実性、燃え尽きなど、さまざまな不安を抱え、情緒不安定に陥っている。この年齢層の社員たちはなおざりにされているといってよい。少子高齢化が進行し、人数からいっても、その能力や経験からいっても彼ら彼女らの再活性化に取り組むことが、本人にも企業にも、そして社会にも有益である。本稿では、これら中堅社員たちが抱えている問題点を明らかにし、再活性化させるための六つの方法を提示する。

ロバート・モリソンコンコース・グループ エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼研究担当ディレクター

タマラ・エリクソンコンコース・グループ 執行役員 兼コンコース・インスティテュート 校長

ケン・ディヒトバルトエージ・ウェーブ 創立者兼社長兼CEO

PDF論文:12ページ[約1,705KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない