2019年12月号

良い謝罪、悪い謝罪

ボーイング、アップル、トヨタ……

サンドラ J. サッチャー

サンドラ J. サッチャー

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハーバード・ビジネス・スクールのジョセフ L. ライス3世記念講座ファカルティ・フェローおよび経営学担当教授。

シャレーン・グプタ

シャレーン・グプタ

ハーバード・ビジネス・スクール リサーチアソシエート

企業で何らかの不祥事が明らかになった時、トップが謝罪の場に臨むことになる。しかし、これは難しい仕事だ。謝罪はえてして、形だけの言葉の羅列だととらえられがちで、中身のないおざなりな謝罪では、ステークホルダーとの関係を修復できないばかりか、事態がさらに悪化しかねない。本稿では、効果的な謝罪の組み立て方を伝授する。謝罪では、真実を被害者に対して語り、償いをすること、あるいは過ちを二度と繰り返さないことを誓うのだ。さまざまな企業の事例から詳しく解説する。

サンドラ J. サッチャーハーバード・ビジネス・スクール 教授

シャレーン・グプタハーバード・ビジネス・スクール リサーチアソシエート

PDF論文:10ページ[約1,876KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない