2019年12月号

最先端のマーケティングを中国から学ぶ

アウェアネスとエンゲージメントを構築する

キンバリー A. ホイットラー :バージニア大学 ダーデンスクール・オブ・ビジネス 助教授

キンバリー A. ホイットラー

バージニア大学 ダーデンスクール・オブ・ビジネス 助教授

マーケティングを担当。それ以前は米国の多国籍企業3社でゼネラルマネジャー、戦略担当、CMO(最高マーケティング責任者)を務めた。

欧米のグローバルブランドは、マーケティングのコンテンツとチャネル選択は現地市場に合わせてカスタマイズすべきだが、欧米のマーケティング原則には普遍性がある、と考えてきた。しかし中国市場では、中国独特のモバイルファーストの環境と、横断的なチャネルを有する巨大メディア企業(バイドゥ、アリババ、テンセント)の存在により、スピード重視の新たなマーケティング手法が進化しつつある。本稿では、この中国市場のマーケティングを解説しながら、欧米企業が学ぶべき点について論じている。

キンバリー A. ホイットラーバージニア大学 ダーデンスクール・オブ・ビジネス 助教授

PDF論文:12ページ[約1,557KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない