2019年12月号

経営者が思うより従業員の適応力は高い

AI時代の破壊的変化を恐れない

ジョセフ B. フラー

ジョセフ B. フラー

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

経営実務を担当。同スクールの「マネージング・ザ・フューチャー・オブ・ワーク」プロジェクトの共同チェア。

ジュディス K. ヴァレンシュタイン

ジュディス K. ヴァレンシュタイン

ボストン コンサルティング グループ シニアパートナー兼マネージングディレクター

BCGフェロー。BCGヘンダーソン研究所の欧州ディレクターも務める。

マンジャリ・ラーマン

マンジャリ・ラーマン

ハーバード・ビジネス・スクール「マネージング・ザ・フューチャー・オブ・ワーク」プロジェクト プログラムディレクター

ハーバード・ビジネス・スクールの「USコンペティティブネス」プロジェクトおよび「マネージング・ザ・フューチャー・オブ・ワーク」プロジェクトのプログラムディレクター兼シニアリサーチャー。

アリス・ドゥ・シャランダール

アリス・ドゥ・シャランダール

ボストン コンサルティング グループ コンサルタント

BCGのコンサルタント。BCGヘンダーソン研究所のリサーチャー。

経営者は将来起こりうる破壊的変化と、それによるスキルの陳腐化や人員不足を憂慮しているが、実は従業員側はそれほど心配していない。むしろチャンスと認識している。ただし、どのように変化に対応していくかの具体策はわかっていない。適切なサポートを提供することは、従業員のためになるのはもちろんのこと、ひいては企業を利するものである。

ジョセフ B. フラーハーバード・ビジネス・スクール 教授

ジュディス K. ヴァレンシュタインボストン コンサルティング グループ シニアパートナー兼マネージングディレクター

マンジャリ・ラーマンハーバード・ビジネス・スクール「マネージング・ザ・フューチャー・オブ・ワーク」プロジェクト プログラムディレクター

アリス・ドゥ・シャランダールボストン コンサルティング グループ コンサルタント

PDF論文:9ページ[約1,498KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない