2019年12月号

気候変動リスクに内部炭素価格で対処する

先進企業はすでに取り組んでいる

ジョセフ E. アルディ

ジョセフ E. アルディ

ハーバード・ケネディスクール 准教授

公共政策を担当。

ジャンフランコ・ジャンフラーテ

ジャンフランコ・ジャンフラーテ

HEC経営大学院 准教授

財務を担当。

多くの企業が熱波、洪水、干ばつなど、世界の気候変動リスクに対し、何らかの方策を取っているが、賢い企業は、CO2排出に関する規制の厳格化などにより、支払額も増えるという炭素リスクにも目を向けている。こうした企業は、自社のCO2排出の金銭的価値を算出して内部炭素価格を設定し、低炭素社会でも生き残る準備を進めている。ミシュラン、アルファベット、スイス・リーなど、さまざまな企業の事例を引きながら、内部炭素価格の設定について解説し、またこれが新規投資やリスク管理、長期戦略の意思決定にどう関わるかを論じる。

ジョセフ E. アルディハーバード・ケネディスクール 准教授

ジャンフランコ・ジャンフラーテHEC経営大学院 准教授

PDF論文:14ページ[約2,253KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない