2012年7月号

GDP成長率と学力テストは相関する

学校教育は競争力の原点

ステイシー・チルドレス :ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金 次世代学習グループ・リーダー

ステイシー・チルドレス

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金 次世代学習グループ・リーダー

アメリカの学校教育の質の低下が著しい。OECDの2009年国際学力調査で、アメリカは加盟国中、数学25位、読解力17位、理科22位という結果に終わり、トップの中国とは大きく水を開けられた。国内調査でも習熟度の低さや人種間格差などの問題が目立ち、産業界で求められる大卒者の供給も不足傾向にある。長期的な国の競争力は学力テストの得点と相関性があるとする研究も発表され、まさに憂慮すべき事態である。 教育の質の向上においてカギとなるのがITの活用である。習熟度に応じた教育ソフトの活用や、対面とオンラインでの指導を融合させることで、生徒の習熟状況に沿った個別指導が低コストで実現できる。実際に、自習用ソフトウエアをうまく取り入れて低所得世帯の子どもの学力を向上させた地域や、完全個別指導プログラムで成果を上げている事例もある。 このような取り組みをさらに強化していくことが、学力向上や国の競争力につながる。

ステイシー・チルドレスビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金 次世代学習グループ・リーダー

PDF論文:7ページ[約1,166KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない