2019年11月号

AIを組織の中枢に実装する方法

テクノロジーではなく企業文化に着目せよ

ティム・ファウンテン

ティム・ファウンテン

マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー

マッキンゼー・アンド・カンパニーのシドニーオフィスのパートナーで、マッキンゼー傘下のアドバンスト・アナリティクス企業QuantumBlack(クァンタムブラック)を率いる。オーストラリア在勤。

ブライアン・マッカーシー

ブライアン・マッカーシー

マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー

マッキンゼー・アンド・カンパニーのアトランタオフィスのパートナーで、マッキンゼー・アナリティクスのナレッジ開発アジェンダの共同責任者を務める。

タミム・サレー

タミム・サレー

マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー

マッキンゼー・アンド・カンパニーのロンドンオフィスのシニアパートナーで、欧州のマッキンゼー・アナリティクスの責任者を務める。

人工知能(AI)はあらゆるビジネスの可能性を広げており、多くの企業幹部はAI導入を喫緊の課題だと気づいている。だが、実際はAIの導入とその拡大に苦慮しているようだ。マッキンゼー・アンド・カンパニーの調査では、AIの導入を広げるうえで基盤となる中核的な取り組みを行っている企業は、わずか8%だった。AIを組織に適応させていくうえで、何が障壁となっているのか。AI導入で意思決定がいかに変化するのか。これらを踏まえ、プロジェクトを担うチームのあり方から、従業員教育への投資の考え方、リーダーの役割まで多様な観点から、AIを競争力に変える組織づくりについて明らかにする。

ティム・ファウンテンマッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー

ブライアン・マッカーシーマッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー

タミム・サレーマッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー

PDF論文:16ページ[約2,735KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない