2007年1月号

Aポジション・マネジメント

グラクソ・スミスクライン、IBM、ロシュに学ぶ

マーク・A・フセリド

マーク・A・フセリド

ニュージャージー州立ラトガーズ大学 スクール・オブ・マネジメント・アンド・レイバー・リレーションズ 教授

リチャード・W・ビーティ

リチャード・W・ビーティ

ニュージャージー州立ラトガーズ大学 スクール・オブ・マネジメント・アンド・レイバー・リレーションズ 教授

ブライアン・E・ベッカー

ブライアン・E・ベッカー

ニューヨーク州立大学 スクール・オブ・マネジメント 教授

優秀な人材を価値創造に直接貢献するようなポジション(Aポジション)に配置することが企業の成功に欠かせない。しかしAポジションを明確にして適切な人材を配置し、さらに業績を上げられるようにAポジションを管理している企業は稀だ。本稿では「適材適所」を徹底させた管理法のメリットを説く。

マーク・A・フセリドニュージャージー州立ラトガーズ大学 スクール・オブ・マネジメント・アンド・レイバー・リレーションズ 教授

リチャード・W・ビーティニュージャージー州立ラトガーズ大学 スクール・オブ・マネジメント・アンド・レイバー・リレーションズ 教授

ブライアン・E・ベッカーニューヨーク州立大学 スクール・オブ・マネジメント 教授

PDF論文:10ページ[約891KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない