(1)心理的契約に関する認識

 心理的契約は、暗黙の了解として結ばれる不文律の契約のことであり、仕事でどのような貢献をし、それと引き換えに会社から何を期待するかといったことに関する、一連の約束のことだ。残念ながら、この契約は、いったん病んで壊れたら、修復することが非常に難しい。

 この契約の健全性を見直すことは、安定性を向上させ、ひいては貴重な社員をつなぎとめる、またとない機会である。心理的安定性は、その結果である仕事の満足度やコミットメント、パフォーマンス、信頼などと相関関係にあることが示されているからだ。

 雇用関係において何が取引・交換されているかを社員と定期的に話し合い、よりオープンに対応してはどうだろうか。そうすれば社員の目標が明確になり、パフォーマンスの向上や育成プランの相談、社員自身によるキャリアプラン二ングを後押しできる。

 また、社内で必ず生じるさまざまな変化や変更が仕事や個人にもたらす影響についても、継続的に話し合うべきだ。会社が大きくシフトする時には、心理的契約を頻繁に見直す必要がある。たとえば、目標やパフォーマンス指標は随時、そして組織変更があったときにはもちろん、設定し直さねばならない。

 心理的契約を広く見直す出発点として、次の質問を使うとよいだろう。

1. 雇用者・被雇用者間の取引条件について、チームメンバーとオープンに議論したか?
2. 社員は、自分の働きに対して受け取る報酬が、みずからの投資と照らして公平だと感じているか?
3. 仕事やキャリアパスに関する約束と見なされているものは、大筋で合意されているか?

(2)心理的資本

 ポジティブ心理学も、職場の安定を築くうえで参考になる。心理的資本(psychological capital: PsyCap)が仕事の満足度、組織へのコミットメント、心理的ウェルビーイングなどと明らかに正の相関関係にあることを複数の研究が示唆している。心理的資本の中身「HERO」は以下の通りである。

・希望(Hope):忍耐強く目標に向かい、そこに到達する方法や道を見つけられるという信念。
・有効性(Efficacy):努力によって結果を変えられるという自信。
・レジリエンス(Resilience):逆境や失敗を跳ね返す力。
・前向きさ(Optimism):仕事や成功の見込みに対するポジティブな見方。

 次の質問を問うことで、会社の現状を確認できる。

1. 心理的資本の要素(HEROやその変化形)は見られるか?
2. チームメンバーは目標を達成できると信じているか?
3. HEROの要素を一つでも弱める可能性のある状況や過去の経験について、チームメンバーとオープンに話し合ったか?

(3)心理的安全性

 ボストン大学クエストロム・スクール・オブ・ビジネスの組織行動学教授ウィリアム・カーンは、心理的安全性とは「自己イメージ、立場、キャリアにマイナスの影響を及ぼす心配なしに自分を見せ、自分らしく振る舞えること」と定義している。この概念は何十年も前から研究されてきたにもかかわらず、いまになってようやく、職場におけるその役割の重要性が本当に認識され始めたにすぎない。

 心理的安全性が確保されていると、個人もチームもリアルタイムの変化にオープンかつ正直に向き合える。また、問題が大きくなる前に表面化し、より完全または効果的な対応が取りやすくなる。

 一方、もしチームメンバーが、いまの環境ではその問題に耐えられない、または処理できないと感じれば、身を引くか躊躇する可能性がある。それが最終的にチームや組織に最大利益をもたらすと感じたとしても、である。

 以下の質問に答えれば、あなたの組織の心理的安全性を調べることができる。

1. チームメンバーは、アイデアと問題をどちらもオープンに共有しているか?
2. 組織内またはチーム内ではこれまで、オープンさが阻害されるような出来事はなかったか?
3. 何らかの理由で組織に対する信頼を失った社員はいないか?

 貴重な社員をつなぎとめたい、あるいはその成功を後押ししたいとき、社外研修や給与のベンチマーク、福利厚生、特典、肩書きなど、外部要因に目を向けがちである。だが、内部に目を向け、まずは職場環境の安定につながる心理学的構成概念について考えることが賢明だ。職場で心理的にサポートされていないと感じる社員がいれば、その原因を突き止める。それは、貴重な社員たちが自信を持って前進し、能力を最大限発揮させることに大きく役立つはずである。


HRB.org原文:If You Want Engaged Employees, Offer Them Stability, August 15, 2019.

■こちらの記事もおすすめします
従業員が声を上げられる組織文化がなぜ重要なのか
あなたの会社を100年企業にする12の質問
DHBR2019年9月号「挑戦する組織に向けて『楽しく働く人』を増やす」

 

マーラ・ゴッチョーク(Marla Gottschalk)
産業・組織心理学者。診断医。顧問。職場における問題や変化のマネジメントに関するトピックを扱う。詳しくは、ツイッター@MRGottschalk