2007年1月号

エグゼクティブ・コーチングの原則

誤解だらけの未開拓領域で失敗しないために

ストラトフォード・シャーマン

ストラトフォード・シャーマン

エグゼクティブ・コーチング・ネットワーク シニア・バイス・プレジデント

アリッサ・フリース

アリッサ・フリース

エグゼクティブ・コーチング・ネットワーク 創業者兼CEO

多くの企業が、幹部社員を育てる方法を模索している。しかもこの問題は、科学的な管理法では解決できない。客観評価と率直なフィードバックが人間を成長させるのであり、幹部社員を一個人として扱う必要があるためだ。しかし、組織のなかでは率直なフィードバックは望めない。だれもが、率直な言葉が引き起こす感情的な反応を避けるためだ。マン・ツー・マンのエグゼクティブ・コーチングは、幹部社員本人だけでなく、企業にも計り知れない利益をもたらす。しかしこの業界には、まだ広く認められた基準がないため、関係者自身が、目標とそれを達成する方法を決めなければならない。

ストラトフォード・シャーマンエグゼクティブ・コーチング・ネットワーク シニア・バイス・プレジデント

アリッサ・フリースエグゼクティブ・コーチング・ネットワーク 創業者兼CEO

PDF論文:13ページ[約1,394KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない