2007年2月号

悪しき株主価値経営からの脱却

長期的な価値創造への一〇原則

アルフレッド・ラパポート :ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 名誉教授

アルフレッド・ラパポート

ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 名誉教授

株主価値の向上を公約に掲げる企業は多いが、実際に株主価値を長期的に最大化しようと取り組んでいる企業は皆無に近い。逆に、株主価値の重視は、短期志向や会計スキャンダルの元凶かのごとく、経営者の言い訳に体よく使われることが少なくない。しかし、株主価値経営はけっして悪ではない。株主価値研究のパイオニアが、数十年にわたる経験に基づいた「株主価値経営の一〇原則」をまとめた。健全なビジネスモデルを堅守している企業であれば、これらの原則を守ることによって「レベル一〇」の価値創造者になれるだろう。

アルフレッド・ラパポートノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 名誉教授

PDF論文:14ページ[約1,012KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない