2019年10月号

間違いだらけの人材採用

エージェントやアルゴリズムに依存するな

ピーター・キャペリ :ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

ピーター・キャペリ

ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

ペンシルバニア大学ウォートンスクールのジョージ W. テイラー記念経営学講座教授。同校人材センター所長。最新の著書はWill College Pay Off? A Guide to the Most Important Financial Decision You'll Ever Make, PublicAffairs, 2015.(未訳)。

人材採用のあり方が大きく変わってきている。新たにマネジャーが必要になった場合、かつては社内異動や昇格が多かったが、今日では社外から採用するケースが主流である。そのため人材採用企業を活用する機会が増えている。一方、関連テクノロジーは日進月歩で、的確な活用が必須である。こうした変化により、採用コストは増大。採用方法の再検討が急務である。人的資源が競争力の源泉であることには変わりなく、採用活動の成否が企業の命運を握る。企業がいま直面する課題を掘り起こし、戦略的な採用施策を提言する。

ピーター・キャペリペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授

PDF論文:15ページ[約2,152KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない