2019年10月号

ゴールドマン・サックスはなぜ面接手法を変えたのか

シリコンバレーとの人材獲得競争に勝つ

デーン E. ホームズ :ゴールドマン・サックス 人事部門グローバルヘッド

デーン E. ホームズ

ゴールドマン・サックス 人事部門グローバルヘッド

ゴールドマン・サックスの人事部門を統括する、エグゼクティブバイスプレジデント。

毎年50万人の応募がある世界有数の金融機関、ゴールドマン・サックス。非凡な人材こそ最強の競争力と知る同社が、採用方法を劇的に変更した。デジタル時代へと経済環境が移行する中、採用での競争相手がテクノロジー企業やスタートアップへと変わり、従来とは異なる才能獲得競争が激化しているからだ。ビデオ面接と構造化面接という、新たな選別法の詳細と効果を当事者が詳述する。

デーン E. ホームズゴールドマン・サックス 人事部門グローバルヘッド

PDF論文:6ページ[約1,275KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない