2019年10月号

フィードバックの誤謬

批判も称賛も成長にはつながらない

マーカス・バッキンガム

マーカス・バッキンガム

ADPリサーチ・インスティテュート 人材・パフォーマンス部門長

アシュリー・グドール

アシュリー・グドール

シスコシステムズ シニアバイスプレジデント

シスコシステムズのリーダーシップおよびチームインテリジェンス担当シニアバイスプレジデント。

フィードバックとは、相手のパフォーマンスに対する意見と改善するための方策を伝えることだと認識されている。しかし、研究結果によれば、これはまったく相手のためにならず、むしろ学習を妨げる。なぜなら、人は他人のパフォーマンスをきちんと判断できないからだ。また神経科学の知見によれば、批判は学習を阻害する。そして卓越性は個々人によって異なるので、他人の成功事例は当てはまらない。では代わりに何をすべきか。みずからの卓越性を認識させ、定着させ、再現させ、磨きをかけさせることだ。本稿では、フィードバックをめぐる誤った認識を指摘するとともに、あるべきフィードバックの方法を示す。

マーカス・バッキンガムADPリサーチ・インスティテュート 人材・パフォーマンス部門長

アシュリー・グドールシスコシステムズ シニアバイスプレジデント

PDF論文:14ページ[約1,597KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない