2019年10月号

不況期に生き延びるために企業は何をすべきか

景気後退期の企業分析から学ぶ

ウォルター・フリック :HBR.org 編集次長

ウォルター・フリック

HBR.org 編集次長

米国の景気は2009年6月から拡大期に入り、長期にわたってきたが、米中の貿易摩擦や世界経済の成長率低下など、今後の動向には懸念される点が多い。本稿は、米国における景気後退期の企業について、さまざまな調査研究を分析したものである。これによれば、不況期には倒産したり、買収されたりする企業も数多いのだが、それでも1割ほどは、不況後に成長し、競合に比べて10%以上も売上げと利益を伸ばしていた。この明暗を分けたものは何か。景気後退期の企業がなすべき備えと、その時に取るべき行動を論じている。

ウォルター・フリックHBR.org 編集次長

PDF論文:8ページ[約423KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない