2007年2月号

スケール・アンド・スコープ:産業成長の論理

米英独二〇〇大企業の歴史研究が明かす

アルフレッド・D・チャンドラー :ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

アルフレッド・D・チャンドラー

ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

産業の初期に生産施設のみならず、マーケティングやマネジメントにも多額の投資を傾けた企業は、長期に「規模の経済」と「範囲の経済」を享受しうる。二〇世紀の経済成長に最も重要な役割を果たしてきた産業のいずれを見ても、同じパターンが繰り返されてきた。これらの産業の支配者となった企業は、産業資本主義を推進する成長と競争のダイナミックな論理、すなわち、筆者の言うところの「経営者企業の論理」を理解しており、逆にこの論理を軽視した企業は市場から駆逐されてしまった。

アルフレッド・D・チャンドラーハーバード・ビジネススクール 名誉教授

PDF論文:17ページ[約1,419KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない