2007年2月号

競争は戦略の目的ではない

常に顧客のニーズを深耕せよ

大前 研一 :ビジネス・ブレークスルー大学院大学 学長

大前 研一

ビジネス・ブレークスルー大学院大学 学長

戦略の本質に立ち返るとは、いかなることか。それは、顧客の真の求めに応えることにほかならない。しかし、ほとんどの企業がライバルとの競争に目を奪われている。海外のライバルと競争するグローバリゼーションの時代において、戦略は事業環境や産業構造に規定されるべきではなく、顧客ニーズを出発点にプランニングされなければならない。ヤマハの自動演奏ユニット、花王の入浴剤など、競争優位ではなく顧客価値に軸足を置くことで成功した日本企業の事例をひも解きながら、「戦略とは何か」を考える。

大前 研一ビジネス・ブレークスルー大学院大学 学長

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない