2007年2月号

競争優位の戦略:「企業戦略」を再考する

【1987年度マッキンゼー賞受賞論文】「3つの基準」と「4つのコンセプト」

マイケル・E・ポーター :ハーバード・ビジネススクール 教授

マイケル・E・ポーター

ハーバード・ビジネススクール 教授

1980年代初頭、第2次オイル・ショックと日本企業の攻勢によって、アメリカ産業界は自信喪失に陥っていた。そして、60年代から本格化した多角化戦略もついに壁に突き当たる。コングロマリットの大半が低収益化し始め、事業の取捨選択に迫られていたのだ。ポーターは、このような時代背景の下、アメリカの大手コングロマリットが多角化に向けて50年から86年までに実施した買収、合弁事業、新会社の設立、計3788件を詳細に調査した結果、その大半において「企業戦略」が欠如しているという結論に至った。

マイケル・E・ポーターハーバード・ビジネススクール 教授

PDF論文:24ページ[約1,754KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない