2019年9月号

なぜ部門横断型プロジェクトは失敗するのか

コラボレーションにおける3つの死角

リサ B. クワン :ハーバード大学 上級研究員

リサ B. クワン

ハーバード大学 上級研究員

コラボレーション・コンサルタントであり、ハーバード大学の上級研究員、またハーバード・ビジネス・スクールのエグゼクティブ・リーダーシップ・コーチを務める。

新しい製品・サービスを出すうえで、部門横断型プロジェクトがその成否を握ることは言うまでもないが、往々にしてうまくいかないものだ。なぜなら、経営陣が社内連携(コラボレーション)を促そうにも、各部門が自分たちの権限や責任範囲、リソースなどの「領地」(テリトリー)を守ろうと抵抗するからだ。だが、筆者はそうしたプロジェクトが行き詰まっても落胆してはならないと説く。連携先の部門の脅威を明らかにし、その脅威を最小化するための策を講じれば、プロジェクトの復活は可能だ。行き詰まる前から、コラボレーションの死角となる3つの要因をチェックしたい。

リサ B. クワンハーバード大学 上級研究員

PDF論文:9ページ[約530KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない