2019.08.06

なぜ社員間での知識共有は思うように進まないのか

オーストラリアと中国で実施した調査でわかった

マリレーヌウ・ガニエ

マリレーヌウ・ガニエ

オーストラリアのカーティン大学フューチャー・オブ・ワーク・インスティチュート教授(組織行動学)

研究テーマは、仕事の設計・管理・報酬が、仕事へのモチベーションの方向性に与える影響。また、こうした方向性の結果が個人および組織のパフォーマンスに与える影響と、個人のメンタルヘルスに与える影響も研究している。

エイミー・ウェイ・ティアン

エイミー・ウェイ・ティアン

オーストラリアのカーティン大学ビジネススクール准教授(人材管理)

研究テーマは、戦略的人事管理とリーダーシップが、創造性やイノベーションに関わる態度や行動の結果に与える影響。多様な文化を持つ社員やリーダーやチームが、チームや組織の成功にもたらす影響も研究している。

クリスティーヌ・スー

クリスティーヌ・スー

オーストラリアの西オーストラリア大学ビジネススクール講師(戦略的人材管理)

研究テーマは、組織における知識の創造、共有、応用の方法と、それを円滑化するプロセスやメカニズムにおける組織の役割。

ボー・チャン

ボー・チャン

北京化工大学経済管理学院准教授(人材管理)

研究テーマは、人材管理が社員の成果と組織のパフォーマンスに与える影響。

キー・セン・ベンジャミン・ホー

キー・セン・ベンジャミン・ホー

Great Place to Work(シンガポール)の組織開発・スタッフ心理学者および管理コンサルタント。

主に職場の文化に関するアドバイスを行なっている。労働力分析とタレントマネジメントの経験もある。

カトリーナ・ホッス

カトリーナ・ホッス

オーストラリアのカーティン大学フューチャー・オブ・ワーク・インスティチュート研究員

研究テーマは、高い成果を生み出す仕事チーム。現在、極めて高度な社会技術システムの設計における、応用人間工学と人間システム統合の研究を行なっている。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

DHBR2020年1月号『顧客体験は進化する』発売!
定期購読のご案内
EIシリーズ最新刊『レジリエンス』好評発売中!
SHIFT:イノベーションの作法
DOL有料会員導線
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2020年1月号

特集:顧客体験は進化する

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない